御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

最新のニュース/メディア掲載

2017年3月4日
NBC長野放送「霊峰御嶽山と神秘のチカラ」で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2017年1月17日
信濃毎日新聞 松本平タウン情報に木曽ものがたり「日本遺産 百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年9月16日
中京テレビ「キャッチ」木曽路特集で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年8月17日
CBCテレビ「ゴゴスマ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月24日
中日新聞(朝刊)9県ロングセラーいまむかし(下)に御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月
信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選しました。

2015年10月25日
おんたけ湖ハーフマラソン「がんばろう!王滝」に特別協賛いたしました。

2015年9月15日
東海テレビ「ターグっちゅ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月24日・9月2日
長野朝日放送「とれたてJoho」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月14日
長野放送「暮らしのターミナル」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月
御嶽山の立入りについては、王滝方面は7合目(田ノ原)迄、黒沢方面は御岳ロープウェー経由で8合目迄登ることができます。

>すべて見る

季節の薬草

アマチャ

植物名: アマチャ
科名:  アジサイ科
生薬名: 甘茶
学名:  Hydrangea macrophylla Seringe var. thunbergii Makino

解説:
日本固有種で、本州の林に自生する高さ1~2mの落葉低木です。 ヤマアジサイの一系統で、甘味がある葉を持つ個体を、選別した変種になります。局方ではその基源を「Hydrangea spp.(アジサイ属品種)のうちの甘味のある成分変異株を民間で発見して使用をはじめたもの」とされている。進化の過程で生物は様々な形質を獲得していく。ヤマアジサイのある個体が人間のあずかり知らぬ間に、甘味成分であるフィロゾズルチンをため込んだ個体があったのだろう。それをたまたま人間が発見して甘茶として利用しはじめたのであって、植物形態学的にはヤマアジサイ殆ど同一です。
日本の野生植物(平凡社)によると「甘茶はこの変種だけでなく、フィロゾズルチンの含量の高いヤマアジサイの総称である」としている。現在アマチャとして流通しているのは栽培種がすべてで、天城産が有名であるが、近年は長野県信濃町周辺産が殆どを占めています。
甘味料・矯味料としての目的が主であったが、近年の薬学会の発表で含有成分であるヒドランゲノールに着目して重要な発表がなされた。本成分はインスリン増強作用があるというものである。今後、メタボリック症候群の方には福音になるかも知れない。

>すべて見る