御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

最新のニュース/メディア掲載

2017年3月4日
NBC長野放送「霊峰御嶽山と神秘のチカラ」で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2017年1月17日
信濃毎日新聞 松本平タウン情報に木曽ものがたり「日本遺産 百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年9月16日
中京テレビ「キャッチ」木曽路特集で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年8月17日
CBCテレビ「ゴゴスマ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月24日
中日新聞(朝刊)9県ロングセラーいまむかし(下)に御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月
信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選しました。

2015年10月25日
おんたけ湖ハーフマラソン「がんばろう!王滝」に特別協賛いたしました。

2015年9月15日
東海テレビ「ターグっちゅ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月24日・9月2日
長野朝日放送「とれたてJoho」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月14日
長野放送「暮らしのターミナル」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月
御嶽山の立入りについては、王滝方面は7合目(田ノ原)迄、黒沢方面は御岳ロープウェー経由で8合目迄登ることができます。

>すべて見る

季節の薬草

コブシ

植物名: コブシ
科名:  モクレン科
生薬名: 辛夷(しんい)  (花蕾 日本薬局方収載)
学名:   Magnolia praecocissima Koidz.

解説:
弊社の本社工場は御嶽山の裾野、標高約800mの山間に位置しており、自然豊かな地であり四季折々の花を楽しむことができます。コブシは「北国の春」でも謳われた春の訪れを告げる花で、この開花を目安に農作業が行われる地方も多くあるようです。和名の拳(こぶし)は、集合果の形状が人の拳のようであるところに由来します。
コブシの開花直前の蕾は、辛夷と呼んで鎮静、鎮痛剤として頭痛や歯痛を改善する生薬です。漢方では、辛夷清肺湯や葛根湯加川芎辛夷などに用いられ、慢性鼻炎や蓄膿症の頭痛・鼻づまりなどを改善する処方に主薬として用いられます。また、香気があるため芳香料としても用いられています。
局方の「辛夷」はコブシの他に、同じモクレン科のタムシバと中国原産のハクモクレンが基源植物と規定されています。タムシバはコブシによく似ているため、タムシバの分布域(関東地方を除く本州、四国および九州)でも、コブシと通称される場合が多い。しかしタムシバは、開花時の花の下に葉は無く、花弁が純白色で基部は黄緑色を呈し、萼片(がくへん)は花弁の2分の1ほどの長さなどコブシと異なる特徴があり、植物分類の種として区別されています。花蕾の香気もコブシより強いため、日本では「辛夷」にタムシバを利用することが多い。
木曽には両種の自生が見られ、御嶽山の北東域にはコブシが多く、南西域にはタムシバが多いというように棲み分けしているようです。薬草本には「コブシは日本固有」という記述が見受けられるが、これは朝鮮半島にも分布域があり、日本固有のほうはタムシバのことである。

>すべて見る