百草の歴史

古くは紀元前縄文時代から続く人間と植物の共存関係。
人々の健康に寄りそってきた百草と御嶽山、木曽地域の奥深い発展の歴史です。

紀元前

紀元前2000年ころ縄文時代の遺跡より「キハダ」の出土。考古学上で使用か確認された最古の生薬といわれる。

BC
2000

飛鳥時代

600~650年ころ時の支配者により大陸から医薬制度が導入されるが一般民衆には普及せず。

600

650

634年 舒明(じょめい)天皇のころ修験道の開祖、役小角(えんのおずぬ)が大和の国(現在の奈良県)に生まれる。

634

690年ころ各地で疫病が流行し、役小角が大和国葛城の吉祥草寺の境内に大きな釜を据え「キハダ」を煎じて煮詰めた薬(オウバクエキス)を多くの病人に飲ませ、救済したとされる。以来、オウバクは山岳修験者の常備薬としてもちいられるようになったといわれる。

690

701年(大宝元年)大宝律令制定。最古の医薬制度(医疾令)が公布される。

701

奈良時代

729年(天平元年)山岳修験者の合薬、造薬の禁止令
「・・・山村に定住し仏法をいつわって自ら教化を作し、業を授け印書符をひろめ、薬を造り、毒を造り、万法怪を作し、勅禁に遠犯する者は罪またかくのごとし・・・」
この背景には、時の支配者による仏教の国教化政策が伺えるが、これによりオウバクエキス薬は歴史の表舞台からしばらく姿を消すこととなる。しかし、修験者の間では脈々と受け継がれ、大峰山、吉野山では「陀羅尼助」
高野山では空海の教え「大師だらにすけ」、そして御嶽山では百草として伝わる。

729

774年(宝亀5年)信濃守石川望足(信濃守)が大己貴命・少彦名命(医療・医薬の神)の二伸を御嶽山に祀り、疫病徐抜を祈願したとされる。
伝承によれば、「光仁天皇の宝亀5年、国内に悪疫が流行し医薬をつくしたが効果がなく、4月に至ってますます烈しくなったので、天皇は諸国にて神に祈らせることにした。そこで信濃守石川望足は同年6月、御嶽山に登拝して祈願をこめた」とされる。

774

平安時代

928年(延長5年)醍醐天皇が信濃国司に勅命を出して黒沢(木曽町三岳)に里宮を建立させた。

928

鎌倉時代

1300年ころ木曽谷(北部)を領有していた木曽義仲の子孫を名乗る木曽氏は深く御嶽大権現を信仰し、代々これを守護神として崇拝し、社殿の再興社領の寄進等を行った。
修験道と結びついていた御嶽山も修験道の退潮とともに、民間信仰としての御嶽信仰が生まれ、登拝する導者は黒沢(木曽郡三岳)・王滝村を中心に木曽谷一円に及んでいった。年に1度、3月ころから精進潔斎を行った少人数が6月12,13日に里宮祭礼祭、14,15日で登拝をおこなっていた。
黒沢村(旧木曽町三岳村)神主武居氏、王滝村神主滝氏がその指導、要請を行った。

1300

室町時代

1600年〜豊臣氏の侵攻による木曽氏滅亡後。木曽氏の旧臣、山村氏が徳川氏に従い木曽代官となる。
山村氏も又、御嶽大権現を深く信仰、社殿の再興修理を行う。

1600〜

江戸時代

1700年ころ江戸時代中期、交通が発達、旅行者も増加。民間信仰として伊勢参宮、金毘羅参りが盛んになり、富士山や大山、月山などを登拝する講社も増えてきた。一方、御嶽山では古来よりのしきたりが守られ重潔斎を経た一部導者だけの登拝であったが、一般民衆にも開放してほしいという要望が年々高まってきた。

1700

1718年(享保3年)覚明(かくめい)行者 尾張国(現在の愛知県)春日井郡牛山村に生まれる。

1718

1731年(享保16年)普寛(ふかん)行者 武州(現在の埼玉県)秩父郡大滝村に生まれる。

1731

1782年(天明2年)御嶽山開山の祖といわれる覚明行者、軽潔斎による一般信者の登拝許可を願い出るが却下される。
覚明行者はこれに屈せず、まず山麗の村民の支持を得て御嶽開放の運動を推し進めていった。

1782

1785年(天明5年)覚明行者が無許可にて水行潔斎のみで多くの信者とともに登拝を強行する。これが御嶽山の開山の第一歩となる。その後も登拝を続けるとともに登山道の改修に着手し、次第に地元住民のも協力者が現れるようになった。

1785

1786年(天明6年)覚明行者が御嶽山二の池付近で一生を終える。その後も村人たちにより、道路が改修され、登拝を希望するものも年々増加していった。

1786

1791年(寛政3年)富士山や月山の麗の村が登拝による大きな経済的潤いを見せていることに鑑み、御嶽山麗の村人からも開山の要望が出される。

1791

1792年(寛政4年)山村代官、軽潔斎による登山を5日間のみ認める。

1792

1793年(寛政5年)普寛行者、王滝口を開山。(禁を破って強硬登山する)

1793

1794年(寛政6年)黒沢村の申し出により山村代官、王滝口の登山を禁止する。同年普寛行者、他19名来村。普寛行者達の布教活動により御嶽信仰は江戸を中心とする関東地方へ急速に広まる。また、普寛行者はその後も講社を結成し王滝村へ来村、王滝口より登拝を続け、年々登拝者は増加していった。

1794

1799年(寛政11年)福島村役人の仲裁により王滝口登山道が正式に認められる。

1799

1801年(享和元年)普寛行者、武州本荘駅にてその一生を終える。

1801

1849年(嘉永2年)寿光行者(普寛行者の弟子)が普寛霊神のいいつけであるとして「御嶽山の百草百種を採り集め、良く煎じ詰めて薬を製せば霊験神の如し、これを製して諸人を救え」と教えたと伝えられる。これを伝授された村人は苦労して百種(それくらい多く)の薬草を採り集め、薬を製したとされている。「百草元祖の碑」によれば、「嘉永2年胡桃澤彌七と小谷文七が普寛行者の違法を共に謀りて百草を作りに初まる」と記されているが、これは百草製造が定着した時期であるとする説もある。「百草」の起源については諸説があるが、七世紀に役小角がオウバクエキス薬により民衆を救済して以来、修験者の間で脈々と受け継がれてきたものが、やはり修験者の覚明、普寛によって伝えられたと考えられる。従って弊社ではその起源を覚明行者が御嶽山麗の村民と関わりを持った1782年としている。

お墓
1849

明治

1868年(明治元年)神仏分離令が布告される。

1868

1869年(明治2年)黒沢里宮、王滝里宮は名古屋藩、木曽代官所の命令により、仏像を除き、御嶽権現の称を廃止、「御嶽神社」と改める。

1869

1874年(明治7年)売薬取締法公布。これまでの家伝薬としての製造が禁止され、「官許」(国による許可制)による百草製造が始まる。当時の百草(「百草製」という)の処方 オウバク、オウレン、オウゴン、センブリ、百草霜、エイラントモスなど。

1874

1900年(明治後期)ころ明治時代後期~大正~昭和初期に胃腸薬の需要増大。この背景には、度重なる戦争(日清戦争、日露戦争、満州事変、第二次世界大戦)によって海外派兵された方の多くが携行したものと考えられる。

1900

昭和

1936年(昭和11年)木曽製薬工業組合成立。原料の共同仕入れ、共同設備による共同生産がはじまる。
当時の処方
「百草製」:オウバク、オウレン、リュウタン、エイラントモスなど
「百草」:オウバクエキスのみ(百草とおなじ処方で「だらにすけ」も販売)

1936

1938年(昭和13年)百草丸製造開始。売薬発売免許取得
当時の処方
オウバクエキス、センブリ、リュウタン、チンピ

1938

1939年ころ(昭和14~15年)国庫補助により共同百草工場を完備

1939

1941年(昭和16年)医薬品の生産、配給が統制される。
(国家総動員法に基づく医薬品生産配給統制規制公布)

1941

1943年(昭和18年)戦時統制下により長野県で唯一の製薬会社、長野県売薬統制株式会社設立。
本社を長野市におき、木曽売薬工業組合は福島支店となる。

1943

1944年(昭和19年)長野県製薬株式会社に社名変更

1944

1949年(昭和24年)長野市本社を木曽福島町(現在の木曽町福島)へ移転。三岳工場、王滝工場設立。

1949

1952年(昭和27年)医薬品の配給統制が撤廃される。

1952

1962年(昭和37年)木曽福島町新社屋建築。
木曽地方の旧製造業者に対して、全国に類を見ない特例販売資格を70名に許可。

1962

1970年(昭和45年)木曽福島町本社新工場竣工。

1970

1976年(昭和51年)王滝村此の島(現在の本社所在地)へGMP適合新工場完成。

1976

1977年(昭和52年)木曽福島町から本社を王滝村此の島(現在地)へ移転。
本社敷地内に御嶽神社を建立。

御嶽神社
1977

1981年(昭和56年)百草丸処方変更。

1981

1982年(昭和57年)百草顆粒発売。

1982

1983年(昭和58年)御岳百草丸一部処方変更。

1983

平成

2015年(平成27年)信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選。

信州ブランドアワード
2015

令和

2020年(令和2年)御岳百草顆粒UII発売。
御岳百草顆粒に処方に新たにウルソデオキシコール酸を配合。

御嶽百草顆粒 U2
2020

2021年(令和3年)御岳百草丸分包充填包装機更新。

御嶽百草 分包
2021