御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

御嶽信仰

御嶽山は長野県木曽郡と岐阜県下呂市との県境にまたがる標高 3,067mの独立峰。古来より信仰の霊山として有名で、現在も毎年多くの登山者が登拝しています。
この御嶽山が修験道の道場として広く全国的に知られるようになったのは、天明年間(1780 年)に現れた覚明行者と普寛行者の熱心な布教活動の賜です。
両行者の努力によって各地に御嶽信仰の講社(同じ神仏を信仰している人々で結成している団体)が確立されました。
その後も有力な行者が現れ、この信仰によって病苦が救われることが広まり、御嶽講社が全国各地に結成されました。

「百草」の誕生と御嶽信仰の融合

このように御嶽山は霊山として覚明行者、普寛行者によって開山されましたが、修験道の行者は呪術の他、採薬術、合薬術等の知識を身につけていたと言われています。
寿光行者(普寛行者の高弟)が、王滝口登山道を開くのに五年の歳月を費やしたが、その際に協力してくれた王滝村の村人に対し「何も御礼するものがない。せめて “霊薬百草” の製造が今後役にたてば幸いである。」と、王滝の村人に百草の製造を指導したのが現在の百草の始まりとされています。その後、御嶽信仰と融合した百草は家伝薬としてしだいに、王滝村から御嶽山の登山道沿いの三岳村(現.木曽町)、木曽福島町(現.木曽町)に広まりました。こうして生まれた和漢薬百草は、わが国の風土に根ざした、日本固有のものです。
その後、明治十年(1877年)王滝村、三岳村(現.木曽町)、木曽福島町(現.木曽町)の製造販売業者27人が木曽百草販売組合を設立、弊社となりました。
統制令などによりその後、長野県売薬製造統制株式会社、長野県製薬株式会社と名前を変え現在に至ります。 その間、三代目社長家高卯助がより服用しやすくした百草丸を最初に研究開発し、今日広く親しまれるようになりました。

百草元祖の碑

弊社事業所の敷地内に、御嶽神社の分霊を受けた長野県製薬株式会社内御嶽大神が祀られています。祭神は薬祖神である大己貴命と少彦名命の二柱であり、この両神は医薬の神様として崇められています。
また、その傍らには元は御嶽神社旧参道にあった「百草元祖の碑」が移築されており、そこには「嘉永二年(1849年)、胡桃澤弥七と小谷文七が普寛行者の遺法(過去から現代に引き継がれている法)を共に謀りて “百草” を作るに始まる」と記されています。

百草の歴史と長野県製薬の歩み

紀元前2000年ころ 縄文時代の遺跡より「キハダ」が出土。考古学上、使用が確認された最古の生薬といわれる。
600~650年ころ 時の支配者により大陸から医薬制度が導入されるが一般民衆にはまだ普及せず。
634年(舒明天皇のころ) 修験道の開祖、役小角(えんのおづぬ)大和の国に生まれる。
690年ころ 疫病が流行する。役小角が大和国葛城の吉祥草寺の境内に大きな 釜を据えキハダを煎じて煮詰めた薬(オウバクエキス)を多くの病人に飲ませ、救済した。以来、オウバクエキス薬は山岳修験者の間で常備薬として用いられるようになったといわれる。
701年(大宝元年) 大宝律令制定、最古の医薬制度(医疾令)公布される。
729年(天平元年) 山岳修験者の合薬、造薬の禁止令 「・・・山村に定住し仏法をいつわって自ら教化を作し、業を授け印書符をひろめ、薬を合わせ、毒を造り、万法怪を作し、勅禁に遠犯する者は罪またかくのごとし・・・」 この背景には、7~8世紀ころ、時折、疫病が大流行し、時の支配者は国家仏教に伴う輸入の医薬制度で対応する一方、民衆の間では密教的祈祷や施薬に頼る事が多かったとうかがえるが、この禁止令以後、オウバクエキス薬は歴史の表舞台にはあまり顔を出さなくなる。しかし、修験者の間で脈々と受け継がれたオウバクエキス薬は大和国では「だらにすけ」として、そして後に高野山では空海の教え「大師だらに錠」として、また御嶽には覚明、普寛両行者の教え「百草」として伝わる事となる。当然の事ながらその製法は漢方にない日本独自のものである。
774年(宝亀5年) 信濃守石川望足、大己貴命・少彦名命の二神を御嶽に祀り疫病除抜を祈願したとされる。伝承によれば、「光仁天皇の宝亀5年、国内に悪疫が流行し医薬をつくしたが効果がなく、四月に至ってますます烈しくなったので、天皇は諸国の神を祈らせることにした。そこで信濃守石川望足は同年6月御嶽に登拝して祈願をこめた」とされる。
928年(延長5年) 醍醐天皇、信濃国司に勅して黒沢に里宮を建立せしむ。
御嶽信仰・初期において、熊野権現に対する御嶽座王(蔵王)権現の称に見られるように熊野信仰の影響を強く受けたことがうかがわれる。座王権現は役小角の感得した神で修験道の修行の時期や登拝の方法もおおよそ熊野詣の形式にならって行われた。
1300年ころ~ −鎌倉時代− 木曽氏(木曽義仲の子孫と名乗る)木曽谷(北部)を領有、深く御嶽大権現を信仰し、代々これを守護神として崇敬、社殿の再興社領の寄進等を行った。
修験道と結びついていた御嶽も修験道の退潮とともに、民間信仰としての御嶽信仰が生まれ、登拝する道者は黒沢・王滝を中心に木曽谷一円に及んでいった。年に一度、3月ころから精進潔斎を行った少人数が6月12、13日に里宮祭礼後、14、15日で登拝を行っていた。 黒沢村神主武居氏、王滝村神主滝氏がその指導、養成を行っていた。
1600年~ 豊臣氏により木曽氏滅亡後、木曽氏の旧臣、山村氏が徳川氏に従い木曽代官となる。山村氏も又、御嶽大権現を深く信仰、社殿の再興修理を行なう。
1700年ころ 江戸時代もすすみ、交通が発達、旅行者も増加。民間信仰として伊勢参宮、金毘羅参りが盛んになり、又富士山や大山、月山などを登拝する講社も増えてきた。一方、御嶽では古来よりのしきたりが守られ重潔斎を経た一部道者だけの登拝であったが、一般民衆にも開放してほしいという要望が年々高まってきた。
1718年(享保3年) 覚明(かくめい)行者 尾張国春日井郡牛山村に生まれる。
1731年(享保16年) 普寛(ふかん)行者 武州秩父郡大滝村に生まれる。
1782年(天明2年) 御嶽山開山の祖といわれる覚明行者、軽潔斎による一般 信者の登拝許可を願い出るが却下される。覚明行者はこれに屈せず、まず山麓の村民を教化し、支持を得て御嶽開放の運動を推し進めていった。
1785年(天明5年) 覚明行者が無許可にて水行潔斎のみで多くの信者とともに登拝を強 行する。これが御嶽山の開山の第一歩となる その後も登拝を続けるとともに登山道の改修に着手し、 次第に地元住民にも協力者が現れるようになった。
1786年(天明6年) 覚明行者志半ばで御嶽山二の池の畔りで一生を終える。その後も村人達により、道路が改修されていき登拝を希望するものも年々増加していった。
1791年(寛政3年) 富士山や月山の麓の村が登拝による 大きな経済的潤いをみせている事に鑑み、御嶽山麓の 村人からも開山の要望が出される。
1792年(寛政4年) 山村代官、軽潔斎による登山を認める(6月14日~18日の5日間のみ)。
1793年(寛政5年) 普寛行者、他13名が王滝村に来村。
1794年(寛政6年) 黒沢村の申し出により山村代官王滝口の登山を禁止する 同年普寛行者、他19名来村。普寛行者達の普教活動により御嶽信仰は江戸を中心とする関東地方へ急速に広まる。また、普寛行者はその後も講社を結成し王滝村へ来村、王滝口より登拝 を続け、年々登拝者は増加していった。
1799年(寛政11年) 福島村役人の仲裁により王滝口登山道が正式に認められる。
1801年(享和元年) 普寛行者、武州本荘駅にてその一生を終える。
1849年(嘉永2年) 寿光行者(普寛行者の弟子)が普寛霊神のいいつけであるとして「御嶽山の霊草百種を採り集め、よく煎じ詰めて薬を 製せば霊験神の如し、これを製して諸人を救え」と教えたと 伝えられる。
これを伝授された村人は苦労して百種(それ位多く)の薬草を採り集め、薬を製したとされている。 「百草元祖の碑」によれば、「嘉永二年、胡桃澤彌七と小谷文七が普寛行者の遺法を共に謀りて百草を作るに初まる」と記されているが、これは百草製造が定着した時期であるとする説もある。「百草」の起源については諸説があるが、七世紀に役小角がオウバクエキス薬により民衆を救済して以来、修験者の間で脈々と受け継がれてきたものが、やはり修験者の覚明、普寛によって伝えられたと考えられる。したがって弊社ではその起源を覚明行者が御嶽山麓の村民達と関わりを持った1782年としている。
1868年(明治元年)
-明治時代-
神仏分離令が布告される。
1869年(明治2年) 黒沢里宮、王滝里宮は名古屋藩、木曽惣管所の指令により 仏像を除き、御嶽権現の称を廃止、「御嶽神社」と改める 。
1874年(明治7年) 売薬取締法、公布「官許」による百草製造が始まる。これに伴い家伝薬の製造が禁止となる。
1900年(明治後期)ころ 明治時代後期~大正~昭和初期に胃腸薬の需要が大きく伸びた背景には、日清戦争(明治27年~)、日露戦争(明治37年~)、満州事変(昭和6年)、第2次世界大戦(昭和14年~)一連の海外出兵によるところが大であったと考えられる。
-昭和初期- 百草の製造がさかんになる。
1936年(昭和11年5月) 木曽製薬工業組合設立27名。原料の共同仕入、共同設備による共同生産がはじまる。
1938年(昭和13年3月) 百草丸、売薬発売免許を受け、製造がはじまる。
1939年ころ(昭和14~15年) 第2次世界大戦始まる。 国庫補助により共同百草工場を完備。
1941年(昭和16年12月) 大東亜戦争(太平洋戦争)勃発。 医薬品の生産、配給が統制される。
1943年(昭和18年2月) 統制会社の発足(長野県売薬製造統制株式会社)。戦時下の統制により長野県売薬製造統制株式会社に統合。
本社を長野市におき、木曽売薬工業組合は福島支店となる。
1944年(昭和19年5月) 名称を長野県製薬株式会社と改称。
1949年(昭和24年5月) 会社の主力が百草であることから長野市本社を西筑摩郡(現.木曽郡)福島町へ移転。
三岳工場、王滝工場設立。
1952年(昭和27年4月) 医薬品の配給統制撤廃される。
1962年(昭和37年10月) 福島町国道改修をきっかけに新社屋建築。
1970年(昭和45年10月) 木曽福島町本社新工場竣工。
1976年(昭和51年12月) 王滝村此の島(現在地)にGMP適合新工場完成。
1977年(昭和52年5月) 木曽福島より本社(現在地へ)移転。
1979年(昭和54年7月9日) 高松宮殿下妃殿下ご来訪。有史以来はじめて御嶽山噴火。(10月28日)
1982年(昭和57年11月) 百草顆粒発売。
1984年(昭和59年9月14日) 長野県西部地震発生、約半月の間操業停止。震源地王滝村。
1992年(平成4年4月7日) 新工場(新充填包装工程)第1期工事完成。
2000年(平成12年6月) 新工場(新製剤工程)第2期工事完成。
2011年(平成23年3月11日) 東北地方太平洋沖地震発生。
2014年(平成26年9月27日) 御嶽山が噴火。