御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

会社概要
社名 長野県製薬株式会社
所在地 〒397-0201
長野県木曽郡王滝村此の島100-1
TEL・FAX TEL:0264-46-3003
FAX:0264-46-3005
代表取締役社長 浦沢 昌徳
創立 昭和18年5月17日
資本金 4500万円
業種 医薬品の製造、及び販売
製造品目 御岳百草丸・御岳百草顆粒・
御嶽百草
ホームページURL http://www.hyakuso.co.jp

代表取締役社長 ご挨拶

“おなか元気で毎日笑顔”
弊社は信州木曽御嶽山麓に27軒あった百草製造所により、生産協同組合として昭和初期に設立されたのが始まりですが、百草そのものは江戸時代後期に、御嶽山を開山した修験者から麓の村人に製法が伝授された「御神薬」といわれています。
御岳百草丸をはじめとする百草の主成分はオウバク(キハダの内皮)です。
キハダの歴史は、縄文時代の遺跡に食物と伴に保存されたいたことや、七世紀に疫病が流行した際にも、キハダの皮を煮詰めたエキスを飲ませ人々を救済したと記録されています。また長く山岳修験者の必需品とされてきました。
この何千年に渡る関わりは、人の原点活動にとって有益な生薬だったからだと考えます。
人(動物)は自分で栄養を創り出すことができないため、他の動植物などを食物とすることで生命を維持しています。
口から摂取した食物は咀嚼され、胃や小腸で分解、栄養素を体内に吸収、残渣を排出する消化管の働きは、無菌であるべき体内と多くの細菌やウイルスが存在する外界との接点になります。
腸は栄養を吸収する一方で、有害物質が最も侵入しやすいので、体の全免疫システムの70%がここに集中しているといわれています。
生薬オウバクはベルベリンという成分に黄色ブドウ球菌、赤痢菌、コレラ菌などに対する殺菌効果があり、腸内の悪玉菌増殖を抑制しますので、腸の働きを助け、感染リスクの低減に貢献してきたのではないでしょうか。
キャッチフレーズ“おなか元気で毎日笑顔”は、消化管の健康が毎日の健康に通じるとの思いを表現しています。
私たちはこれからも生薬製剤を中心に、セルフメディケーションを推進し、健康長寿社会の実現に向け貢献して参りたいと考えます。

代表取締役社長 浦沢 昌徳

経営理念

人々の健康と地域社会に貢献する
信頼ある開かれた会社をめざす。

お問い合わせ

長野県製薬の製品に関するお問い合わせ等は、下記の電話、FAX、メールで承っております。
■TEL:0264-46-3003 [受付時間:月〜金曜日の午前9時から午後5時(祝日・その他当社休業日を除く)]
■FAX:0264-46-3005
■Mail:info@hyakuso.co.jp



施設

工場・事務所(外観)

百草の郷本舗(外観)

百草の郷本舗(店内)

※「百草の郷本舗」は長野県製薬に併設されている直営店です。