御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

最新のニュース/メディア掲載

2017年3月4日
NBC長野放送「霊峰御嶽山と神秘のチカラ」で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2017年1月17日
信濃毎日新聞 松本平タウン情報に木曽ものがたり「日本遺産 百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年9月16日
中京テレビ「キャッチ」木曽路特集で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年8月17日
CBCテレビ「ゴゴスマ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月24日
中日新聞(朝刊)9県ロングセラーいまむかし(下)に御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月
信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選しました。

2015年10月25日
おんたけ湖ハーフマラソン「がんばろう!王滝」に特別協賛いたしました。

2015年9月15日
東海テレビ「ターグっちゅ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月24日・9月2日
長野朝日放送「とれたてJoho」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月14日
長野放送「暮らしのターミナル」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月
御嶽山の立入りについては、王滝方面は7合目(田ノ原)迄、黒沢方面は御岳ロープウェー経由で8合目迄登ることができます。

>すべて見る

季節の薬草

ウンシュウミカン

植物名: ウンシュウミカン
科名:  ミカン科
生薬名: 陳皮(成熟果皮)・青皮(未熟果皮)
学名:  Citrus unshiu Marcov.

解説:
過日、弊社の歴史について、ある大手新聞社の取材を受ける機会がありました。そのため改めて歴史的資料を見直してみた。江戸時代末期における百草の発祥から歴史を刻み、今日(こんにち)弊社の主力製品となっている百草丸が生れたのは昭和13年3月です。当時の記録には「百草丸」の売薬発売申請書を下記の通り長野県知事大村清一に提出し認可を受けたと記されています。

百草丸……黄柏エキス二グラム、当薬末一グラム、龍胆末一グラム、陳皮一グラムを丸剤六十粒とす(一日量)、効能・胃腸カタル。

その後、時代の要請に応じて処方変更がなされ、現在はオウバクエキス、センブリ末、ビャクジュツ末、コウボク末、ゲンノショウコ末の構成となっており、効能も多くのものが追加されています。
そんなきっかけもあり、今回の季節の薬草では「陳皮」を取り上げてみました。
ウンシュウミカンは中国から渡来し、日本で改良されたミカンの品種で、主に関東以南の暖地で栽培されます。中国の温州にちなんでウンシュウミカンと命名されたが、本種は温州原産ではなく、中国から伝わった柑橘の中から突然変異して生まれたとされ、日本の鹿児島県が原産と推定されています。果物としての流通が主ですが、果皮は生薬として活用されています。成熟果の皮を乾燥したものが陳皮で、漢方では芳香性健胃、鎮咳薬、去痰薬として用いられます。
食品では新鮮なものほど優良とされますが、生薬の中には含有する精油成分などの香気が、催吐作用などの悪影響を及ぼすことがあります。ミカン科基原の生薬に多く、本種もまた古くなったもの、陳旧なものがよいということから陳皮と呼ばれます。外皮を陰干しして乾燥させ、1年以上たったものが生薬として利用される。主な成分としてはヘスペリジン、ルチンなどフラボン配糖体が認められ、漢方では芳香性健胃、鎮咳薬として、食欲不振、嘔吐、疼痛などに対して用いられます。

>すべて見る