御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

最新のニュース/メディア掲載

2017年3月4日
NBC長野放送「霊峰御嶽山と神秘のチカラ」で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2017年1月17日
信濃毎日新聞 松本平タウン情報に木曽ものがたり「日本遺産 百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年9月16日
中京テレビ「キャッチ」木曽路特集で長野県製薬「御岳百草丸」及び「御嶽百草」並びに日本遺産「百草元祖の碑」が紹介されました。

2016年8月17日
CBCテレビ「ゴゴスマ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月24日
中日新聞(朝刊)9県ロングセラーいまむかし(下)に御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月
信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選しました。

2015年10月25日
おんたけ湖ハーフマラソン「がんばろう!王滝」に特別協賛いたしました。

2015年9月15日
東海テレビ「ターグっちゅ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月24日・9月2日
長野朝日放送「とれたてJoho」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月14日
長野放送「暮らしのターミナル」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月
御嶽山の立入りについては、王滝方面は7合目(田ノ原)迄、黒沢方面は御岳ロープウェー経由で8合目迄登ることができます。

>すべて見る

季節の薬草

ハッカ

植物名: ハッカ
科名:  シソ科
生薬名: 薄荷 (地上部 日本薬局方収載)
学名:  Mentha canadensis L. var. piperascens (Malinv. ex Holmes) H.Hara

解説:
日本各地に分布し、やや湿ったところに自生しときに栽培される多年草です。繁殖は地下茎を伸ばして増える。茎は四角く高さ20~60cmになり全体に軟毛がある。花は夏から秋にかけ、上部の葉腋に球状に集まり淡い淡紅色の小花を密につける。古くには田の畦や湿地に普通にみられたが、近年は外来種のミント類にその生育地を奪われたり、湿地の改良工事等でその姿は稀となりました。県によっては準絶滅危惧種に指定しているところもあります。
主な含有成分はメントールなどの精油で、地上部からハッカ油をとり、香料、清涼剤、医薬品などの原料にします。医薬品としての利用は、鎮痙・駆風・芳香性健胃作用があり、解熱、清涼、芳香性健胃薬として単味または処方などに応用されます。
かつて、長野県では「ハーブの里一坪運動」として、身近で利用できるハーブの植栽が推奨されました。弊社も栽培普及に大いに協力してきましたが、その後の経過で、特にミント類の強靭さには驚きで、各地で駆除困難な雑草のように繁茂してしまいました。ミントの仲間は種間で交雑しやすく、多くの品種があります。代表的なスペア・ミントやペッパー・ミントはハッカによく似た利用がされますが、花は茎頂に長い穂状につける特徴があります。

>すべて見る