御岳山の麓で胃腸薬を製造販売している長野県製薬のホームページです。

最新のニュース/メディア掲載

2015年11月24日
中日新聞(朝刊)9県ロングセラーいまむかし(下)に御岳百草丸が紹介されました。

2015年11月
信州発の優れたブランドを選定・表彰する「信州ブランドアワード」にて御岳百草丸が入選しました。

2015年10月25日
おんたけ湖ハーフマラソン「がんばろう!王滝」に特別協賛いたしました。

2015年9月15日
東海テレビ「ターグっちゅ」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月24日・9月2日
長野朝日放送「とれたてJoho」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月14日
長野放送「暮らしのターミナル」で御岳百草丸が紹介されました。

2015年8月
御嶽山の立入りについては、王瀧方面は7合目(田ノ原)迄、黒沢方面は御岳ロープウェー経由で8合目迄登ることができます。

2014年10月
製造所は噴火後しばらく製造を停止していましたが、製造所内部への火山灰の影響評価を行い、問題がなかったため10月7日から再開し、現在も環境モニタリングを実施しながら製造を行っています。

2014年10月
放射性物質対応、原料対応状況
厚生労働省の通達によりゲルマニウム半導体検出器による放射線測定により、検出限界20Bq/kg(ベクレル)で不検出のものを使用しています。
10月以降製造の原料で検査対象となっているのは長野県産センブリ・コクボウです。

>すべて見る

季節の薬草

イカリソウ

植物名: イカリソウ [碇草,錨草]
科名:  メギ科
生薬名: 淫羊藿(いんようかく) (地上部)
学名:  Epimedium grandiflorum C.Morren var. thunbergianum (Miq.) Nakai

解説:
主に林の中に生える多年草。 薬用として広く栽培されるほか、花の形や色が美しいので、鉢植えのほか庭に栽培される。 高さは15~30cm、根茎は横に短く這い、数本の茎が株立ちする。 早春に根葉に先立ち花茎を伸ばし、茎頂に数個の錨に似た花をつける。 根葉は、別名で「三枝九葉草」の名があり、葉に3本の枝があり9小葉をつける。 地上部(淫羊藿 日局)は強精・強壮薬として神経衰弱、健忘症、慢性気管支炎、手足のしびれ、更年期の高血圧症等に用いられ、 肉体的な強壮作用だけではなく、精神的な疲労感や憂鬱感にも効果がある。

>すべて見る